PS5をラバースプレーで塗装してみた | PS5カスタム

やっぱPlaystationは黒だろ!って事でタイトルの通り。一部始終を動画にしたので是非見て下さい。
なんでラッカーで塗らないのかって?…失敗が怖いからだよ!

PC5さん花の発売日を迎えるも、配達直後に塗装される

塗装風景です。
2日半かかりましたが、途中一回失敗してるのでストレートにいけば2日かな。


しっかりとマスキングして開始。結構内側ギリギリまで責めないと綺麗に塗れないかも。

動画では誤魔化してますが、マスキングがギリギリを攻めてないとこうなります。白いとこ見えてますね。

コントローラーの滑り止めに使われていて話題になった例のPSパターン(○□×△)は外装の内側にも施されてました。

地色が見えなくなるまで6回くらい吹きました。

風が強くてホコリがすごい。この直後、強風に煽られてひっくり返ります。

失敗を恐れてラバースプレーに逃げるも、思ったように綺麗には剥がれなかった

途中、塗装直後に風に煽られてひっくり返してしまい、塗装面がボロボロに(泣(写真なし)
どっちにしろ一回は剥がすつもりだったので良い機会と思って剥がしてみることに。

下の写真の通り、結構色移りしちゃってますね。
複数のスプレーを試したわけじゃないのでこのスプレーせいなのか、そもそもラバースプレーの特性なのかなんとも言えませんが、目立たない場所で試すのは必須です。


確かに剥がれる!

無事新品のような姿に…なりませんでした。

無事組み立て終了

イイんじゃねぇの?!これ!
ただ、軽くぶつけただけでもすぐ剥がれるので注意。

そのうちSONY純正で外装だけ1万円弱くらいで出そうだよね。ていうか絶対出るよね。まんまと買う自信ある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です