Buffalo LS-WX1.0TL/R1 データサルベージ メモ

お客さんのNAS(Buffalo LS-WX1.0TL/R1)がE14(RAIDマウントエラー)を吐いたあと、I12(RAIDグレートモード)で動作し始めたので、ディスクが生き残っているウチにサルベージを行った。

サルベージに使った OS は Ubuntu 10.04。rootで作業。

生存Disk を PC に接続し、fdisk でパーティションの確認

# fdisk -l

Disk /dev/sda: 250.1 GB, 250059350016 bytes
…#ここはサルベージPCのHDD領域

WARNING: GPT (GUID Partition Table) detected on ‘/dev/sdc’! The util fdisk doesn’t support GPT. Use GNU Parted.

Disk /dev/sdc: 500.1 GB, 500107862016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 60801 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdc1 1 60802 488386583+ ee GPT

“/dev/sdc”がサルベージ対象パーティション。環境によってはsdbとかsddかも。
fdisk は GPTパーティションをサポートしてないから見られないよ、
とエラーが出ているので Parted コマンドを使用してパーティションを見てみる。
注意すべき点として、デバイスの指定を”/dev/sdc1″ではなく”/dev/sdc”とする事。
(fdiskコマンド結果には”/dev/sdc1″って出てますけどね)

# parted -s /dev/sdc print
Model: WDC WD50 XXXXXX-XXXXXX (scsi)
Disk /dev/sdc: 500GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt

Number Start End Size File system Name Flags
1 1049kB 1026MB 1024MB ext3 primary
2 1026MB 6146MB 5120MB primary
3 6146MB 6147MB 1049kB primary
4 6147MB 6148MB 1049kB primary
5 6148MB 7172MB 1024MB primary
6 7172MB 492GB 485GB primary

Number が 6 になっているバーティションがデータ領域です。
xfsで直接マウントを試行

# mount -t xfs /dev/sdc6 /mnt/[マウントポイント]/
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdc6,
missing codepage or helper program, or other error
In some cases useful info is found in syslog – try
dmesg | tail or so

ダメですね。
元々RAID1で稼働していたNASなので、RAID1を強制的に開始してマウントしてみる。

# mdadm –assemble /dev/md0 /dev/sdc6
mdadm: /dev/md0 has been started with 1 drive (out of 2).

お、イケそう。
(mdadm コマンドは場合によっては --start オプションを明示的に付ける必要があるかも)

# mount /dev/md0 /mnt/[マウントポイント]/
# ls -al /mnt/[マウントポイント]/
total 4
drwxr-xr-x 7 root root 79 2033-03-21 20:24 .
drwxr-xr-x 6 root root 4096 2012-06-05 15:52 ..
dr-x—— 5 root root 52 2000-01-01 02:00 .hierophant
dr-x—— 10 root root 136 2011-11-11 20:06 .midbeans
drwx—— 2 root root 22 2033-03-21 13:18 mt-daapd
drwxrwxrwx 7 root root 88 2000-02-02 19:17 share
drwxr-xr-x 4 root root 27 2000-01-01 02:00 spool

きたきた。
後はサルベージ対象ディレクトリを他HDDへCPなりで待避させて終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です